マンション管理と住宅ノウハウ

マンションの管理組合が大規模修繕 日常管理を行うノウハウ

マンションの大規模修繕の情報 や施工不良や 生活のメンテナンス等の小ネタ等のまとめ

 【ブログのご案内】

大規模修繕でバルコニーや廊下の改修をまとめてみた

ブログ村でのプロフィールはこちらです PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

当マンションは2005年竣工した20戸の小さなマンションです。大規模修繕に至るまでのマンション修繕ノウハウやゼネコン、設計監理との交渉管理会社、大規模修繕会社選定までの重要なポイントを管理組合目線のノウハウのまとめてみた。大規模修繕工事の際に、専門家でない私たちは、全て工事業者とか、管理会社にお任せで果たしていいのでしょうか? 大規模修繕では廊下の長尺シートと呼ばれる塩ビシートを交換等を行います。この大規模修繕で廊下の素材変えて重厚感出すのも一つだと思います。また長尺シートは防水効果もあるので慎重に決める事が重要です。

 ウレタン塗膜防水仕上げ

f:id:pocket_t:20190911160325j:image

 

 ウレタン防水を全面にするため、防水の保証をすることが出来ます。 汚れやすく、摩耗に弱い為、部分的に剥がれたりする場合があります。 メンテナンスは、掃き掃除、拭き掃除、水流し程度しかできません。 デッキブラシ等でこすっての清掃は不可になります。 雨が降り込むバルコニーにおいて、その床面コンクリートに雨水が侵入するのを防ぐために行われます。狭い場所においても施工性が良いのがウレタン塗膜防水工法の利点です。壁と床の溝部分がウレタン塗膜防水と言われます。

ウレタン塗膜防水は塗料を床面に塗布し、硬化させて防水塗膜を形成する工法で、硬化する際水分を嫌うため、施工時の天候および湿度に充分注意する必要があります。
また、塗付されたウレタン防水材の硬化に時間を要し、何度か塗り重ねを行うため、バルコニーへの出入りができなくなる期間(1週間~10日)が生じます。 

長所

・防水効果継ぎ目ができないため、そこからの雨水の浸入が防げる。

・工事の内容が比較的簡易なので安くて早い工事工期が短くて済む。よって多大な人件費もかからず、材料自体も安いので結果として全体的な費用も安くなる。

・上から塗り重ねるので、改修工事にも最適古くなった防水材などを取り外す手間もかからず、撤去する費用もかからない。

短所

・比較的耐用年数が低いので、何年間での塗り替えも必要です。

階段・廊下長尺シート工事
f:id:pocket_t:20190911160330j:image

 

長尺シートの周囲をウレタン防水で仕上げ、数センチ重ねてシートを貼る方法です。

 

マンションの大規模修繕ではこの長尺シートをはがして新たにやり替える事が多いでが

管理組合では以外と業者社任せてになっていますので、このシートもいろんな種類があります。 

 せっかくの大規模修繕ですので、廊下のイメージアップを図るの得策です。

資産価値をあげるいいかもしれません

 

外階段の長尺シート工事の施工の流れ

f:id:pocket_t:20190911165337j:plain

シンヨー株式会社様 引用

1.階段の既存材料の古いシート剥がして撤去します。

2.階段のモルタルでの下地調整ノリとかでボコボコになってますので

3.巾木部分のウレタン防水工事、防水処理を行います。

4.長尺シートを貼る前に接着剤の塗ります

5.長尺シートの設置

6.長尺シートのジョイント部分の接合(シーリング)

7.ドレンまわりのシーリング

 


マンション廊下と階段の長尺シート

 

 

バルコニー・ルーフバルコニーの修繕

 

このような材料もある為、大きな金額を工事業者に払う中でグレードアップを頼んでみてもいいかと思います。サービスで今の改修品番のグレードアップして欲しいと


f:id:pocket_t:20190911162941j:plain

f:id:pocket_t:20190911162945j:plain

 

塩化ビニールシート防水(長尺シート)は塩化ビニールの樹脂で作られた防水シートをプライマーで屋根に貼り付ける方法です。現在のシート防水の主流はこちらの塩化ビニールシート防水です。塩化ビニールシートの厚さは1.5mm~2.5mmとなっており、ゴムシート防水と比べると厚い防水層が出来上がります。 

 

 


住まいランキング FC2